コーヒーの製法、ナチュラル式とウォッシュド(水洗)式

コーヒー豆を購入するときに
商品名を見ると、次のように表記されていることがあります。

cnatural.jpg

○○○ナチュラル、○○○ハニーは
コーヒーの製法を表しています。

honeyc.jpg


コーヒーの実はさくらんぼのような感じで
種が真ん中にあり、まわりが外皮と果肉。

コーヒーの外皮と果肉をどのように処理するかで
味や風味が変わってきます。

大きく分けると
ナチュラル(非水洗式)とウォッシュド(水洗式)の2つの製法があります。


コーヒーの実を丸ごと乾燥させるナチュラル


収穫したコーヒーの実を手を加えずに
重ならないように広げて
そのままの状態で乾燥させます。

水分を失い、干しぶどうのようになったコーヒーの実を
脱穀を行うと生豆ができあがります。

ナチュラル方式で作られたコーヒーの特徴は
甘みがあり、フルーツやナッツ、チョコレートの風味があります。
モカが持っている、甘い香りと味といえば
なるほど、と納得されるのでは。

ブラジル、エチオピア、イエメンなどでよく行われている方式です。


以前購入したインドネシア・マンデリンでも
ナチュラル方式のものがあり、

私が馴染んでいるマンデリンとは全く別物で
フルーティーさが全面に出ていて
濃厚さと優しさが混ざり合っていました。

”コーヒーは処理のしかたで大きく変わる、
人が作り上げる産物なんだ” と実感しました。

皮と実をとり発酵、水洗いするウォッシュド

果肉を取った後のぬめりを取り除き
水で洗う方法がウォッシュド水洗式です。

・人気急情報、ハニー製法のコーヒー豆


最近、人気急上昇で注目されているのが
パルプドナチュラル、ハニー製法です。

ハニー製法は果肉を取り除いた後に
豆についている粘液質のぬめりを取らずに
ゆっくりと乾燥させる方法です。

はちみつのような香りや甘みのある味わいで
リラックスできる優しいコーヒー豆になります。


 ◆
 
コーヒーの生豆を購入するときには
豆についての情報に、精製方法という項目があって
ナチュラル、水洗、パルプドナチュラル方式か記載されています。

焙煎した豆では銘柄豆でも
詳しい情報をあまり見かけません。

お気に入りのコーヒー、
詳細情報を知りたい、という場合は
生豆で検索するとわかることが多いです。

豆について次のような細かな情報がわかります。

・コーヒー豆の大きさ
・豆の品種
・生産国や地域名
・コーヒー豆が生産されている高度
・栽培面積
・精製方法
・香りや味の特徴


 ◆

コーヒー製法についてまとめると

すっきりしたきれいな味わいのコーヒーが飲みたい
という場合は水洗式ウォッシュドの豆を

フルーツやナッツ、甘い香りが感じられるコーヒーならば
ナチュラルか、パルプドナチュラル(ハニー)です。


ナチュラルやパルプドナチュラルのコーヒーは
こだわりのコーヒー豆ショップでないと
なかなか手に入りません。


大人気の【送料無料】お試しセット コーヒー通の豆専門店



この記事へのコメント